TAKASHIMAYA TIMES 新宿 SQUARE SOUTH

タカシマヤ タイムズスクエア
モバイルサイトでも
ご覧になれます。

language

インフォメーション

レストランズパーク

選び抜かれた希少なヒレ焼肉を、芳醇な赤ワインとともに【「呑む」レストランズパークvol.6 “肉に合う酒でやる!”「肉ラヴァー」の至極】

あっという間に9月ですね。季節の変わり目こそ、肉料理でスタミナをつけて元気にいきましょう!今回は、“肉料理に合うお酒”をコンセプトにした食べ合わせをご紹介。お肉とお酒が大好きな方にはたまらないメニューがたくさん登場します。

新宿駅直結なので、終電の時間を気にせずギリギリまで楽しめますよ!

※「呑む」レストランズパークとは?
タカシマヤタイムズスクエアのレストランズパークHP内にて、 タカシマヤのレストランフロア、さらには新宿駅直結だからこそ愉しめる、 サシのみ、女子のみ、宴など…「呑む」ご提案を毎月シーンに分けてご案内しています。

【sceane01】14F 焼肉トラジ
〝その日の一番〟が待つ店で、特上赤身を赤ワインとともに。


肉といえば、焼肉。日本全国から“その日一番いいもの”を仕入れる目利きトラジで、贅を極めた肉食の夕べはいかがでしょう。肉ラヴァーに向けて「まずはこれ」と、菊池店長が指名したのは、一瞥するだけで上質さが窺える厚切りの「特ヒレ」(2,300円)。150gですが、身が詰まっているからかもっと大きく感じられます。大きな牛から3kgほどしかとれない希少なヒレの中で、さらに“別格”のお墨付きを得た肉だからこそ脂の後押しは不要。むしろ、その強さにバリアされることなく肉本来の旨味が堪能できます。

★「特ヒレ」(2,300円)×「バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド」(グラス 600円)

今宵はベリー系に香り立つメルロー種の赤ワイン 「バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド」(グラス 600円)はいかがでしょう。強い果実味と程よいタンニンを感じる芳醇でまろやかな一杯を相棒に、赤身の力強さと繊細さの二面性に酔いしれましょう。
焼き過ぎは禁物。レアで柔らかさと奥行きある味わいを楽しめます。
選ばれし肉との一期一会の出会いがくれる肉ラヴァーの“口福”を、心ゆくまでお愉しみください。

◆ Menu 02 ◆名物“生”タン塩 1,400円
8mm厚さのトラジ名物は、旨味成分が壊れないよう摂氏0度を保って輸送。しっかり熱した網にそっとのせ、強火で肉汁を封じ込めたらひっくり返してしばらく待ちます。ふちの焼き目が上がりの合図!たれもそこそこに、スパークリングワインで流し込むのが「呑む」的食し方です。

◆ Menu 03 ◆ブランド和牛 時価
肉は日本全国から厳選仕入れ。店前にも今日食べられる肉の情報が開示してあり、何より入口を向いて設えられるガラス扉の冷蔵庫の中、縦横無尽にサシを走らせる塊肉が、産地を記した木札の隣りで横たわっています。詳しくはスタッフまで。

※単品メニューはサービス料別途10%を頂戴します。

新宿駅直結!「呑む」レストランズパーク
<vol.6>“肉に合う酒でやる!”「肉ラヴァー」の至極⇒https://www.restaurants-park.jp/gourmet_2017/1709