TAKASHIMAYA TIMES 新宿 SQUARE SOUTH

タカシマヤ タイムズスクエア
モバイルサイトでも
ご覧になれます。

language

インフォメーション

レストランズパーク

タン・ロースから〆の麦めしまで。お酒が進むセットメニュー【「呑む」レストランズパークvol.6 “肉に合う酒でやる!”「肉ラヴァー」の至極】

あっという間に9月ですね。季節の変わり目こそ、肉料理でスタミナをつけて元気にいきましょう!今回は、“肉料理に合うお酒”をコンセプトにした食べ合わせをご紹介。お肉とお酒が大好きな方にはたまらないメニューがたくさん登場します。

新宿駅直結なので、終電の時間を気にせずギリギリまで楽しめますよ!

※「呑む」レストランズパークとは?
タカシマヤタイムズスクエアのレストランズパークHP内にて、 タカシマヤのレストランフロア、さらには新宿駅直結だからこそ愉しめる、 サシのみ、女子のみ、宴など…「呑む」ご提案を毎月シーンに分けてご案内しています。

【sceane04】13F ねぎし
第一幕はたんとロースで赤ワイン。〆はとろろで麦めしをかき込んで。

一人で気軽に、あるいは家族連れで――そんな夜を肉と酒でもてなしてくれるといえば、ここ、ねぎし。 あっさりした旨味で女性にも人気の牛タンを、とろろ、麦めし、テールスープとの取り合わせで楽しませてくれるねぎしでは、セット注文が基本です。呑兵衛にはいささか不利かと思いきや、肉や三種盛りの小鉢でまず酒を楽しみ、麦めしにとろろをかけて〆にかき込む強者は少なくないそう。

肉好きならば、本家のたんに加え、ガツンとくるロースがいっしょに味わえる「牛たん&ロースセット」(2,380円)を。 安定の美味しさのたんは厚切りの“しろたん”が2枚(4切)、ペッパーやマスタードの実などを合わせたシーズニングハーブに漬け込んで焼くロースが3枚入り、自然とお酒が進みます。 合わせるのは、濃いルビー色が特徴のサンジョヴェーゼ種100%の赤、「サンマリネージ・カステッリ ロッソ」(250ml 820円)。酸味、渋味ともに程よく、やさしいたんにも、強めのロースにもどちらにもしっくりきます。

★「牛たん&ロースセット」(2,380円)×「サンマリネージ・カステッリ ロッソ」(250ml 820円)

十分に酒を愉しんだら、あったか麦めしとスープ、とろろをサーブしてもらい、〆の第二幕へいきましょう。麦めしはお替り自由です。

◆ Menu 02 ◆牛たん三種盛りセット 2,380円
白たんの薄切り「ねぎし」が2枚、「しろたん」と呼ばれる白たんの厚切り4切れに、歯応えと肉本来の旨味が凝縮する薄切りの赤たん「がんこちゃん」4切れが一皿に集います。3種のたんの食べ比べができ、たん好きならばこちらもおすすめ。上段の「牛たん&ロースセット」同様、とろろ、麦めし、テールスープの3点セットに加え、サラダと甘味が付きます。

◆ Menu 03 ◆ねぎしセット 1,680円
創業以来の変わらない味、店名でもある白たんの薄切り「ねぎし」が5枚。約400度の網の上で約1分、 時間とタイミング勝負の看板メニューです。薄さを活かし、麦めしを巻いて食べるのも美味いですよ。

新宿駅直結!「呑む」レストランズパーク
<vol.6>“肉に合う酒でやる!”「肉ラヴァー」の至極⇒https://www.restaurants-park.jp/gourmet_2017/1709